禁煙日記:いきなり!禁煙生活 365日目 1年が経過してみて


2014年09月06日に禁煙を始めて、ついに、気が付いたら1年が経過しました。
(という割には毎月Twitterには◯◯ヶ月目!という投稿をしていたけど)

いやー長かった。いろいろなことがあったようで、何もないような気もする、そんな1年だった。でも九州から群馬県に引っ越してきたりと、人生的には結構大きなターニングポイントだったかな。



もう一年も経ったんだから、全然吸いたくなんかないでしょう?と、煙草を吸ったことのない、煙草に本気で依存していたことのない方々からは問われることが良くありますが、今でも全然吸いたいです。

むしろ最近、人生で一番煙草を吸っていたであろう頃に住んでいた群馬県に戻って来たことで、昔ドライブしていた道だとか、遊んでいたお店だとか、そういうところに行く度に、物凄い喫煙欲求が復活して来て困るね。何度か自分のブログにも書いたけど、そういう吸っていた記憶が強い場所は、吸っていない記憶で、数回の上書きをしてあげないと、中々喫煙欲求が沸かない状態にはならない。

脳はいつまでも、少なくとも一年程度じゃ、ニコチンを吸引した際の快感をまだまだ覚えているんだね。もう面倒くさいし、禁煙を始めた頃ぐらい高いモチベーションも正直ないから、また喫煙を再開してしまおうかと、たまに考えます。

でも喫煙を再開したら、再開したで「またお小遣いの半分がタバコ代に消える極貧生活か‥」とか「もう一度、よし禁煙するぞ!って時にあの禁断症状を味合わないといけないのか‥」と、そういう恐怖感の方が強すぎて、なかなか煙草に手は伸びません。
また、喫煙者が多い飲み会に参加してから帰宅後に嗅いだ自分の服の臭いもとても衝撃的でした。可能なら、あの臭いに気が付かないような状態にはなりたくないなぁ。人として。

まあもういい大人だしね。
吸い始めるのはいつでも出来るわけだし、今吸い始めないといけない理由も特にない。
もう少しだけ吸わない生活を続けてみようかな。




スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿